読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小2の甥っ子が持っていた本が所謂ライトノベルという奴の様な・・・、

小2の甥っ子が持っていた本が所謂ライトノベルという奴の様な・・・、そういう雰囲気を醸し出している本だった。児童文庫なのかもしれないと思いながらも、何でこの本を読んでいるの?と聞くと、両親が漫画以外なら買ってあげると言ったからというのである。

ちなみにその両親はオタク文化には疎いどころか何も知らず、その本に対してはおそらくそっち方面の疑いなど微塵もしていない。

かくいう私もライトノベルというのは読んだ事がないけれど、ハルヒ西尾維新あたりはそこらへんから生まれたのかな?(間違っているかもだがようはその・・)程度の知識しかない。

だから、その本が、その本のタイトルが、挿絵が。見ただけでは児童文庫なのかライトノベルなのか、いや広義にはライトノベルは短編小説なのかもしれないが。まぁオタク色が強いものなのかどうなのか判断できなかった。

ただ、漫画以外ならいいよと許した親の危険認識の甘さと、甥っ子の手にした内容がどうか過激ではないように、中毒性の無い様にと願うばかりである。(誇張